将来の大きな夢や「これができたら幸せを感じられる」というような身近な夢を思い浮かべる方もいれば

「夢なんてない」「思い浮かばない」「夢って寝て見るものでしょう」などなど。

「夢」という言葉は、人それぞれの意見が分かれ、”どこか引っかかる”言葉。

それこそが価値観の違いであり、 多様性なのだと思います。


「自分と人は違う」
ということ。ママ夢ラジオはそれを知ることから全てが始まります。


自分の得意なことを知れたり、このままで良いとおもえたり。

多様性を受け入れるということは誰かに合わせるのではなく、今の自分を認め

ママとしての肩書だけでなく一人の女性として生きやすい世界を作っていくことなのだと思います。


ママ夢ラジオは
「夢」というキーワードを入り口に

様々な価値観や環境におかれたママたちの多様性を発信していくラジオです。

2018年5月。
SNSで「ラジオに出演してみませんか?」という投稿を偶然見つけて、普通の主婦としてラジオに出演したことがきっかけとなり、その2か月後に「ママ夢ラジオ」がスタートしました。

私は看護師として勤務した都内の病院を結婚を機に退職しました。妊娠・出産を経て5年間子育てに専念しながら、産後うつも経験しました。子どもを授かって幸せに過ごしながらも、「ママ以外の何者かになりたい」と心のどこかでいつも考えていました。

そんな私にとって、ラジオに出演したことはとても大きな一歩でした。そして、「もしかしたら、私のように一歩踏み出したいとおもっているママのきっかけになれるかもしれない」という思いから、「ママを応援するラジオ番組を作ろう」と思い立ちました。

その後「人脈ゼロ」「経験ゼロ」「知識ゼロ」から一晩で23名の同志となるママを集めて、2018年7月から渋谷クロスFMでママ夢ラジオの放送を開始しました。今では全国7か所のラジオ局で約180名のママパーソナリティーたちと共にラジオ番組を制作しています。

現在の日本の社会では結婚して母親になると、自分自身の夢にチャレンジできなかったり、思い描くことすら忘れてしまうような状況がたくさんあると思います。

ママ夢ラジオを通して、参加するパーソナリティさんが次のやりたいことが見つかったり、夢が叶ったり、色々な変化を見れることが私はとっても嬉しいです。そして、ママ夢ラジオを聴いたママが「今度は私も!」と思い、参加する人が増えることで地域とママをラジオで繋ぐことが今の私の夢です。

ママ夢ラジオ代表
たけおかのぞみ

ママ夢ラジオは
ラジオ制作コミュニティとして
全国・地域のつながりを築きます

ママ夢ラジオは
地域のラジオ局を通じて
ママが発信する場を提供します

ママ夢ラジオは
ラジオ発信とそれに関連する様々な企画で
ママが挑戦できる機会をつくります

ママ夢ラジオは
発信・挑戦するメンバーの姿を通じて
ママの夢を応援します

2018.6
専業主婦だった、たけおかのぞみ(現プロデューサー)の「ラジオ番組を作りたい」
という夢に賛同した23人のママが集まり、ラジオ制作プロジェクトがスタート。

2018.7
渋谷クロスFM「ママ夢ラジオ」放送開始。

2018.10
初回放送から2ヶ月で反響を呼び、参加を希望する声が多数となったことから、番組を月1回から月2回に増枠。

2018.12
永田町GRIDにて、初めてのイベント 「ママ夢ライブ」を主催。
ママの「やってみたい」をカタチにしたライブやマルシェを開催。

2019.1
全国から「私の街でもママ夢ラジオを」とのオファーを受け、大阪・福岡・静岡・厚木海老名で立ち上げが決定。

2019.4
コミュニティラジオ天神「ママ夢ラジオ福岡」
FMひらかた「ママ夢ラジオ大阪」
SBSラジオ「ママ夢ラジオ静岡」放送開始。

2019.6
FMカオン「ママ夢ラジオ厚木海老名」
あいらびゅーFM「ママ夢ラジオかごしま」
メディアスエフエム「ママ夢ラジオ知多」放送開始。

2019.9
マリンFM「あなたとつくるママ夢ラジオ」放送開始。

2019.10
FMサルース「ママ夢ラジオたまプラーザ」
エアステーションHibiki「ママ夢ラジオ北九州」放送開始。

2019.12
渋谷クロスfm「パパ夢ラジオ」放送開始。

error: Content is protected !!